読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこのつめ合わせ

会社員☞海外大生☞会社員☞漫画家 瞬間的にやりたいことをやっていると職業遍歴が散らかった。ラインスタンプ出したけど売れず、漫画描いたけど人気出ず、ノベル書いたけどこれに至っては誰にも読んですらもらえず。何かを制作・リリースすればするほど自分の存在意義が透明化していくように感じる今日この頃。漫画家なのに最近漫画描けていないからただのひきこもりに進化してこんな風に言葉を散らかしてます

ディズニー実写版『美女と野獣』主題歌今昔聞き比べ

自宅警備員と映画

■スポンサーリンク

 

f:id:catlani:20170306180239j:plain

画像引用元:作品情報|美女と野獣|映画|ディズニー

 

 

目次

 

 

『美女と野獣』予告編


「美女と野獣」日本版本予告

 

ストーリーあらすじ

 

光あふれる王国の美しい王子。王子はしかしその美しい容姿にはまったく似つかわしくない冷酷な心の持ち主であった。「そなたの醜い心に似合う姿になるがいい」魔女は呪いによって王子の姿を醜悪な野獣のそれへと変えてしまう。タイムリミットは王子の21歳の誕生日。それまでに心から誰かを愛し、愛されなければ王子は永遠に野獣の姿でいることになるのだ。

 

そんな呪われた王子の居城に偶然迷い込んできたのは美しい娘ベル。読書を愛し人手によらず将来への道を切り開こうとする進歩的な考え方の持ち主だ。しかしそれ故に周囲からは変わり者扱いされてしまう。

 

人との違いを自覚しながらもそれを受け入れるベルと受け止めきれず自分の殻に閉じこもる野獣の王子。正反対な2人の出会いが紡ぐ物語の行方はー

 

 

 

『美女と野獣』とわたし

 

初めてこの映画を観たときわたしは小学生でした。

一発KOされてハマってしまい、それから何度も何度も繰り返し観ました。

しかもそれでも飽き足らず小説も本がくったくたになるまで読んじゃったりもして。

 

 

読書が友だちだった当時の私にとって美女と野獣の魅力は主人公ベルと彼女の成長でした。

 

自分の様に読書が大好きで周りからちょっと浮いちゃってるベルが父親を助けるために冷酷な野獣との共同生活を送ることになってしまう。

 

「美人だけど変わってるよねあの子」と言われ続けたベルはそれでもそんな自分を受け入れる、そんな姿が思春期に突入しようとしていた自分にはとっても眩しかったのです。

 

そしてベルの優しさと強いけれど温かい心は醜い姿をした野獣をも受け入れていきます。

 

ベルのレンズを通して物語を見つめていくわたしはベルにとって野獣が魅力的な一男性へと変化していくのを共に疑似体験しました。

そしてなぜかわたしまで野獣にちょっとした恋心を抱いたりしてw

 

 

そんなわたしにとって大切な作品が実写化されると聞いたとき、正直期待と不安の両方を感じました。

 

演じるのはハリー・ポッターシリーズでハーマイオニーを演じたエマ・ワトソン。

わたしが抱いていたベルのイメージにピッタリな理知的な美をもつ女優さんで取りあえず一安心しています。

 

 

映画の公開日は4月21日(金)

ディズニーが実写版でどのような魔法を準備しているか少しずつ明らかになってきています。

 

その中の1つがテーマソング

今回YouTubeでアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌うテーマソングを聞き、初めて映画を観たときの感動を思い出しました。

 

 

 

テーマソング

 

アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドによるテーマ曲


Beauty and the Beast (From "Beauty and the Beast"/Official Video)

 

はー改めて想い出が蘇ります!

でもそうなると聞きたくなるんですよね。アニメ版のテーマ曲も

 

 

セリーヌ・ディオン&ピーボ・ブライソンによるテーマ曲


Céline Dion, Peabo Bryson - Beauty and the Beast ( Audio)

 

というわけでアニメ版テーマも。

こっちは泣けます。

 

 

どちらのペアも素晴らしい歌唱力で聞きごたえがあります!

コメント欄ではどちらが好きかという話もチラホラ見られました。

みなさんはどうでしょう?

 

 

 

  

美女と野獣

美女と野獣

 

 

 

 

 

 

きゃとらに🐈 

 

■スポンサーリンク